UA-139926974-1
アダルトチルドレンからの再生

機能不全家族とは?機能不全家族からの脱却方法

『私はアダルトチルドレンです。機能不全家族の元で育ちました。』

こういうフレーズをよく見かけます。そもそも機能不全家族とは何なのか。どういう家庭環境のことを、そう呼ぶのか。今日はそれを詳しく解説していきます。

まず、漢字の意味をそのまま紐解くと分かりやすいかと思います。『機能』が『不完全』な『家族』。ここで言う機能とは、子どもの立場から見て『家族として機能していない家庭』のことです。

本来家庭とは、子どもが適切な教育を受けられ、安心安全を確保されるはずの場所であり、身体も心もそこに帰ることを欲する場所であるべきです。しかし、機能不全家族においては、その方程式は成り立ちません。もちろん程度は家庭によって様々ですが、私にとって家庭は牢獄とイコールでした。

しかし、現在の日本社会において、自らの親のことをあからさまに批判することはとても勇気の要ることです。少しでも親の不満を口にしようものなら、『あなたの為を思ってじゃないの?』『育ててもらったくせに恩知らずだ』等とこちらが批判されることも少なくありません。批判されるくらいなら口を閉ざす。どうせ誰にも分かってもらえない。こういう心理状態になってしまう流れを、社会全体で作っているのです。

『アダルトチルドレン』は病名ではありません。自らの家庭が機能不全家族であったことを認め、今の自分が抱えている問題に向き合う為に使う言葉です。育ってきた環境が機能不全家族であったこと。アダルトチルドレンであること。それを認定するのは、あなた自身です。

親や周囲の人間の否定の言葉は、一切関係ありません。何処の誰が何と言おうと、あなたが辛い幼少期、思春期を家庭という密室の中で耐え忍んできた事実があり、それによって現在様々な問題を抱えているのならば、『アダルトチルドレン』であることを認めることは、回復への大きな一歩となることでしょう。

機能不全家族とは具体的にどのような家庭のことなのか?

機能不全家族について、具体例を挙げていきます。この中で当てはまるものがあり、それによって心身(どちらか片方でも)が傷付いた経験があるのなら、子どもの頃のあなたにとって、家庭は安らげる場所ではなかった、もしくは安らげない時間があった場所、ということになります。

*身体的、性的、心理的虐待が起こっている

*夫婦間や嫁姑間など、家族の仲が悪い

*親(兄弟、姉妹)の怒りが爆発しやすい

*愛のない冷たい雰囲気

*親の期待が過度にかかっている

*お金、仕事、学歴だけが重視される

*他人の目や外面だけを気にする

*秘密があまりにも多い

*親と子どもの関係が逆転している

*子どもを過度に甘やかし溺愛する

*家族にアディクション(依存症)がある

*他人や兄弟姉妹と日常的に比較される

*親が病気がち、留守がち

*情緒不安定な親がいる

等が挙げられます。(西尾和美さん著書から抜粋)

これを読んで、中には『そんなことくらいで?』と思われる方もいるかもしれません。しかし、当事者にとっては耐え難いほど深刻な心の傷になってしまう場合も数多くあるのです。

例えば、夫婦喧嘩が全くない家庭の方が珍しいと思いますが、それが慢性的に続く状況というのは、子どもの心に大きな負荷がかかります。大声で罵り合う、暴力を振るう、物を投げつける。こういった姿を子どもに見せるのは、立派な虐待です。私自身の経験で言えば、激しい夫婦喧嘩の後に言われる一言が本当に辛かったです。

『お前さえいなければ離婚できたのに。お前さえ産まなければ。』

言葉は、いくら投げつけても相手が血を流すわけではありません。だから容赦なく、ナイフのように鋭い言葉をどんどん切りつけることが出来る。しかし、心はその度に確実に血を流すのです。

それが自分の中で溢れ返ってしまった時、大抵のアダルトチルドレンは自らに刃を向けます。『お前が悪い』『お前のせいで』というワードを日常的に刷り込まれることで、間違っているのは確実に相手の方なのに、それを考え判断する力を根こそぎ奪われてしまうのです。

もし今現在、ご自身に刃を向けることをやめられずにいる人がいるのなら。今すぐ、声に出して言ってみてください。

『わたし(ぼく)は悪くない!』

客観的に、冷静に考えてみましょう。本当に悪いのは誰ですか?間違ったことをしていたのは、誰ですか?

何度でも言います。

『あなたは、悪くない』

鎖から解放されれば、必ず今よりも楽に生きられるようになります。その為には、まずは生き延びることです。

非合理的なルールで支配される生活を続けなければいけない理由など、何処にもないのです。

機能不全家族からの脱却方法

まず第一に、確認したいことがあります。あなたが今いるその場所は、安全ですか?安心して眠ることが出来ていますか?あなたには行動や発言、思想の自由がありますか?

もし『逃げたい』と思う環境にあなたがいるのなら。逃げてください。逃げていいんです。あなたは1人の人間で、尊厳も権利も自由もある。親だから、兄弟だからといって、あなたを虐げていい理由なんかないのです。

未成年で経済力もない、行く場所もないという人は、まずは絶対的に信頼できる大人を見つけることです。それは何も教師や児童相談所の人に限ったことではありません。近所の人、友達のお母さん、スポーツ少年団のコーチ、誰でも構いません。ただ、最も重要なのが『信頼できる』と心底思えるかどうかです。

機能不全家族の中で育ってきた子どもは、日常的に人の顔色を見ながら心の動きを読み取りながら生活しています。それはまるで、安心して熟睡することすら許されない野生動物のようです。しかし、だからこそ持ち合わせた独特の嗅覚があります。相手の心を読み取る、相手のうわべではなく本心を読むことに長けているのです。

その力を全力で使ってください。自分の命と尊厳を守る為に、全力で『信頼できる大人』を探してください。そして、SOSを出してください。あなたを守りたいと思ってくれる人、あなたを守る為に全力で動いてくれる人は、必ずいます。

安全を確保した後に必要なのは、自己の確立です。前述した通り、周りの声など気にする必要はないのです。現状親と離れて暮らしていても支配され続けている人は、『親なんだから我慢しなければ』と思っている方が大半でしょう。しかし、それは只の思い込みに過ぎません。親とも思えない人を『お母さん』と呼ぶ必要もないし、メールにしても電話にしても、着信拒否にして構わないのです。

親は親。あなたはあなたです。機能不全家族にありがちなのが、共依存の関係に陥っているパターンです。理不尽なことをされながらも、この人たちには自分がいなければダメなんだ……という自負を抱え込み、ひたすらに付き従うことで自分の存在価値を見出だしている。これは、あなたの為にも親御さんの為にも良くありません。しっかりと一度境界線を引くことで、むしろ関係が改善されることも往々にして見られます。

また、親との関係の改善をはかるかどうかを決める権利も、あなた自身にあるのです。それは他の誰かに強制されてするものではなく、自らが心からそれを欲した時に向き合えばいい話なのです。

いかがでしたか?中にはフラッシュバック等で辛い気持ちになられた方もいるかもしれません。そういう方は、まずはゆっくり呼吸をしながら、自分で自分の身体をぎゅっと抱きしめましょう。幼い頃のあなたを、そっと包み込むようなイメージです。

回復への近道は、自分の気持ちに寄り添い、自分の心の声をしっかりと聞いてあげることです。自らを理不尽に責める気持ちから解放されれば、少しずつ身体にも心にもエネルギーが戻ってきます。

あなたの明日が、今日よりも少しでも生きやすくなることを心から願っています。